インターン漂流記 ~~10ヶ月経過~~

DATUM STUDIOで働き、はや10ヶ月なデータ事業部インターン生です。

普段はパチンコ好きな教授の元で統計学を勉強しています。

Tokyo.Rがきっかけでこの会社を知り、入社しました。

今回、「この会社のインターンや就職への興味がある人」に向けて、

「インターン歴が10ヶ月経過してみて感じたこと」について書いてみます。

 

入社前まで、私は教科書やネットの記事を見ながらサンプルデータを使い勉強することはありましたが、実際のデータを使って分析するということは経験がありませんでした。

ですので、「実際のデータを使う際には前処理が大事」という記事を見かけることはあっても、それが一体どんなことなのか実感していませんでした……

しかし、入社後の初のプロジェクトで実際のデータに触れ、煩雑さや欠損した値の多さににびっくりしました。

ここで初めて、前処理(分析できるようにデータを綺麗な形に整形)することの必要性を実感することになりました。

 

その後も

割引クーポン最適化・基礎集計

ダイレクトメールのためのターゲット層の選択

作業効率化のための画像分類モデル構築

といったプロジェクトに参加し、基礎集計から画像分析までから様々な分析に携わりました。

実際のデータに短期間で多く触れる経験はモチベーションの維持につながるだけでなく、

分析する手法やアイデアの引き出しが広がり、個人での分析・コンペ参加などがしやすくなったと感じています。

 

また、個人的に

雰囲気がピリピリしていないこと、

社員さんがインターンの面倒を見てくれること、

ちゃんとデータ分析できること、

集中するための、昼寝・お菓子がokなこと (これ大事)、

から、このインターンを気に入っています。

今後もここで、早く一人前になるべく精進していきたいと思います。

 

今回紹介させてもらったデータ事業部インターン、いかがだったでしょうか?

DATUM STUDIOではインターン生を募集しています!

みなさんお待ちしております。

https://careerbaito.com/job/7149?cref=1987943437&spec=pc111



DATUM STUDIOは、クライアントの事業成長と経営課題解決を最適な形でサポートする、データ・ビジネスパートナーです。
データ分析の分野でお客様に最適なソリューションをご提供します。まずはご相談ください。

このページをシェアする: