Partner | Snowflake

最新のクラウドアーキテクチャーの活用によるインサイトの把握

Snowflake

“Single Source of Truth”を実現

セキュリティや柔軟性が低いアーキテクチャーが起因となり、企業様のデジタルトランスフォーメーション(DX)の妨げとなるケースが見受けられます。企業のデータの取扱量がさらに増加するこれからのビジネス環境において、クラウドネイティブなアーキテクチャに基づき、広範なワークロードを容易かつセキュアに実行できるデータ分析環境が不可欠となります。
DATUM STUDIOでは、パートナーであるデータクラウド実現する次世代プラットフォームSnowflakeを活用して、最新のクラウドアーキテクチャーを構築することでデータ可視化のリアルタイム性を高め、データドリブンな経営判断を迅速に行えるソリューションを提供いたします。

アジリティが高いクラウドアーキテクチャー

Snowflakeを活用することで複数のデータソースにわたるデータを1つのDWH(データウェアハウス)に統合し、機械学習、AIモデルを継続的に開発、運用、改善が可能なエンタープライズAI基盤とインテグレーションサービスを提供いたします。
また、アジリティが高くアーキテクチャーのスケールを柔軟に調整できるSnowflakeは、コストの最適化も可能とします。DATUM STUDIOでは、DWHをSnowflakeにマイグレーション(移行)したことで、大幅なコスト削減を実現した事例もございます。
さらに、Snowflakeでデータを元管理することで、データマネジメントやデータガバナンスに係る負荷が軽減されるだけなく、他社とのデータ共有も可能となり、データエコノミーによる新たなビジネスイノベーションの可能性を追求することができます。

高度なデータ活用による経営の意思決定を支援

DATUM STUDIOでは、Snowflakeで一元管理されたデータを活用し、構築したAIモデルによる高度な分析・予測に基づき、最適化されたマーケティング活動を実現いたします。
データの分析・可視化にあたり、Tableauをはじめとした分析プラットフォームによるダッシュボードを構築し、経営の意思決定における高度なデータ活用を支援させていただきます。
さらにグループ会社であるSupershipのパブリックDMP『Fortuna』と連携させることで、豊富で正確な属性・興味関心などのデータを掛け合わせ、予測精度の改善や新たなカスタムセグメントの作成も可能です。

Snowflakeを活用したデータプラットフォームの全体像

これからのロイヤルティ管理には広範な連携が必要

100名を越すデータサイエンティストが所属
業種・業界を問わず多数の実績

DATUM STUDIOには100名以上のデータサイエンティストが所属しており、AIを活用し業種・業界を問わず多数の企業の経営課題を解決した実績がございます。お客様のビジネスゴール達成に向け、課題抽出から最適なデータ活用のプランニング、概念実証(PoC)、インフラ構築、AIモデル構築、継続的インテグレーション(CI)、継続的デリバリー(CD)、継続的トレーニング(CT)までご要望に応じて柔軟に対応致します。

100名を越すデータサイエンティストが所属業種・業界を問わず多数の実績