SERVICE

AI分析用DMP構築サービス
with Azure

Purpose oriented DMP

AI分析用DMP構築サービス
with Azure

1,000を超えるデータ分析プロジェクトで培った経験を元に、Microsoft Azureを活用した『AI分析用DMP』を構築し、AIの民主化/Self-Service AIの実現をご支援いたします。













AI分析用DMP構築サービス with Azureの特徴

AIモデルの構築/データ分析サービスの提供を通じて、蓄積してきたナレッジ・経験をもとに、Microsoft Azureを活用したAI分析用DMPをクイックに構築いたします。 POCとしての、AIモデル構築にとどまらず、日々の運用までをカバーした、『お客様のご希望されるゴールを達成するために必要な機能』をご提供いたします。

基本機能

●各データソースからのデータ取り込み、ETL処理
●データソース、変換処理を記録するデータカタログ
●分析用データマートへのデータの蓄積
●ドラッグアンドドロップのみのGUIベースでAIモデルの構築できるデザイナー機能

オプション

●IoT/ストリーミングデータをリアルタイムに分析する機能
●大量データの前処理に適したAzure Databricks
●BIツールユーザー数に応じたリアルタイムSQL処理サービスとなるAnalysis Services

マーケティング領域での追加オプション

グループ会社であるSupershipの保持しているPublicDMPであるFortunaの1,000を超えるセグメントデータを掛け合わせることで予測精度の改善や、あらたなカスタムセグメントを作成することも可能です。
Fortunaでは、独自のクロスデバイス拡張機能により、1ユーザーがパソコン、携帯、タブレット等複数のデバイスを利用している場合でも「同一の1人のユーザー」として扱うことができます。 またデータ連携用のID変換を提供いたします。
お客様の実現したい内容を明らかにした上で、AI・データ分析を通じてできること、できない事を整理し、お客様保有のデータを評価し、AI分析用のプライベートDMPをスピーディーに構築いたします。

付与可能セグメント一例(詳細はお問い合わせください)

お客様のご要望に沿ったデータセグメント作成が可能です。

またSupershipの提供する広告配信プラットフォームとしてもご利用いただけるため、
施策側に反映したり、オーディエンス拡張を行った広告配信をすることも可能です。

AI分析用DMP構築サービス with Azure基本コンセプト

機械学習基盤/ML Opsとしての活用を前提にした『エンタープライズAIプラットフォーム』

AI分析用DMP構築サービス with Azureは、複数のデータサイエンティストが同時に利用することを前提とした、AIモデル開発を継続的に実行し、モデルの実行を自動化するまでを実現する事を目的とした『エンタープライズAIプラットフォーム』です。

粒度の細かいデータと大きくなりやすいデータ量

●BI用のデータマートに比較して、データ粒度が細かく、ストレージサイズが大きくなりやすい傾向にある、ビッグデータの処理に対応
●データ粒度が細かく、データ量が大きいデータに対するEDA処理に対して、大量データに対するEDA処理が得意なSQLサービスを採用。

複数の中間テーブル、予測モデルのソースコードを一元修正

乱雑に配置されやすい、EDA過程のSQLや、予測モデル作成用のコード群を一元管理

データクオリティーチェックの重要性

自動取り込みされるデータの品質を定期的に管理し、分析モデルによる結果を見てから、異常なポイントを探す等の作業から解放いたします。

データにあわせた処理基盤技術の選択の必要性

リアルタイムログ、ストリーミングデータ、AvroのようなHadoop系で処理したほうが良いデータ、Sparkで処理したほうが良いデータ等、様々なデータを見極めた上で必要なオプションサービスを選択いたします。













ご支援フロー

導入までの支援フロー例

エンタープライズAIコンサルティングサービス(1か月~3か月程度)

●現状とあるべき姿の把握とフィットアンドギャップの実施
●AI導入、定期運用までのロードマップ策定
●企画・POC評価基準の設定
●プロジェクトマネージメント

データアセスメント(1か月~3か月程度)

●お客様部門内で取得可能なデータの確認
●お客様組織内で取得可能なデータの確認と結合確認
●データ基礎俯瞰と戦略実現性の判断
●調達すべき外部データの確認

データ分析PoC(2か月~3か月程度)

●分析シナリオ作成
●データ収集・前処理
●モデル構築
●ご報告

定常運用設計とAI分析用DMP設計・構築(1か月~2か月程度)

●要件に応じてご支援いたします。













Frequently Asked Questions

AI分析用DMP構築サービス
with Azure FAQ(よくあるご質問)

Q. AIを通じて何を実行したら良いのか分からない

弊社ではこれまで1,000を超えるAI構築の実績があり、初めてAI導入をされたお取引も多数ございます。
担当コンサルタントがお客様の課題をうかがい、AI活用の達成可能なゴール設定の支援をさせていただきます。
これまでに取り組んだ事例もご紹介しますので、お気軽にお問い合わせください。

Q. 既に構築済のDMP運用・施策実行は可能でしょうか。

お客様の課題・目的、既存環境をうかがい、データアセスメントの実施の上、運用の改善および施策実施の支援させていただきます。また、導入にあたりPOC(概念実証)を予定しております。
POCからプロジェクトを開始いただくお客様も多くいらっしゃいますので、こちらお気軽のご相談ください

AI分析用プライベートDMPの構築においては、
 1. ビジネスや業務の「目的」を定義すること
 2. 課題の解決が、既存のデータ分析予測モデルの実現で可能か否かの見極め
 3. お客様の保持しているデータ、もしくはこれから調達しようとしているデータが、分析モデルの作成要件を満たしているかの確認
上記1、2、3が重要です。目的を達成するためのコンセプトを確認し、優先順位別にデータアセスメント、POCの実行計画を立案いたします。

Q. 現在のデータは様々な場所に散在しています。

利活用の目的に合わせて、データの整理とデータアセスメントを通して、目標達成の可否・データ取得の設計を行います。
IDマッピングや保有データ項目 での統合(名寄せ)方法の設計を行い、散財したデータを統合致します。

Q. DMPは持っていて、日々KPIをモニターしてはいますが、ROIが実感できません。

ビジネス目標を再定義のうえ、お客様の達成したいゴールとゴール達成を妨げる阻害要因を確認し、該当の阻害要因をデータ分析を通じて解決可能か、どの程度で予測・分類が成功した場合、投資に見合う回収ができるかを業務コンサルティングいたします。また、他社での類似案件の経験を元に、推定されるリターンを情報提供いたします。

実装のパターンも様々な手法がありますので、今お持ちのシステム内のデータを確認の上、ウェブサイト、アプリ側の状況に応じ、最適な結合方法をご提案いたします。また、弊社グループ会社Supershipの所有するデータをブリッジとして活用する、新規にアクセスログを取得する等、状況に合わせたご提案をいたします。

Q. クラウド上のDMP上で個人情報も取り扱えますか?

“Microsoft は、お客様の組織がデータの収集と使用を管理する国内、地域、および業界固有の要件に準拠するための包括的なコンプライアンス製品を提供しています。”
https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/compliance/offering-home?view=o365-worldwide
日本国内でも、FISC、CSマークゴールド、マイナンバーに対応いたしております。お客様側でご不安をお持ちの場合、お客様のプライバシーポリシーやセキュリティも含めて要件の整理を行います。 取り込むべき情報/取り込むべきでない情報/ハッシュ化する事で持ち込みできる情報を分類し、セキュリティ要件に合わせてDMP内での保持データを設計します。

Q. 社内にデータを扱える人材がいないため、DMPを導入しても後の運用ができないのですが

DATUM STUDIOのコンサルタント、データサイエンティストがサポートいたします。 EDA(探索的データ解析)としてのSQLレベルでのアドホックなデータ解析・抽出や、取り出されたデータから傾向分析と施策設計、AIモデルの構築、API化、その後のモデルチューニングまで、PDCAを実行する運用体制をご提供します。 広告配信が必要な場合、配信のご手配等のご支援も提供いたします。

Q. DMPにたまったデータをどう見たら良いのか分かりません。
また、ゴールを達成するために、どのようなデータをDMPに格納すれば良いか分かりません。

ビジネス目標のKPI設定にもとづく可視化ダッシュボード・BI構築を含めた対応を行います。KPI管理用のダッシュボード、個別施策時のアドホックな解析、両面でのご支援が可能です。

Q. DMPの自社データを広告活用したい

ビジネス目標のKPI設定にもとづく可視化ダッシュボード・BI構築を含めた対応を行います。KPI管理用のダッシュボード、個別施策時のアドホックな解析、両面でのご支援が可能です。

Q. 自社のweb解析にGoogleAnalytics、Adobe Marketing Cloud、 Salesfroce Marketing cloudを活用しているがDMP導入後はそのデータも利用したい

利活用の指標に合わせた利用方法をご提案いたします。
 1. 各サービスログデータ統合 
 2. 可視化目的に合わせた使い分け 
 3. レポート情報の統合 
 4. レコメンデーションシステムの追加開発 など、目的に合わせた効率的な方法を設計します。

Q. MAシステムと連動したプラットフォームとして活用したい

MA構築・運用も含めてサポートいたします。
DMPだけでなく、MAを含めた全体設計を目的に合わせて実施します。

Q. まず小規模な投資から始めたいが可能でしょうか。

目的・ご予算に合わせたご提案をいたします。
ステップ分けした拡張のプランニング・実行もサポートさせていただきます

Q. デジタルだけでなく、オフライン情報を含めてDMP構築を行いたい。

DMPに取り込むべきデータは、デジタル情報だけでなく、タッチポイントやロケーション情報を取り込むべきだと考えております。
弊社グループ会社であるKDDI・Supershipの保有するデータを活用した施策設計、データ連携により、リアルなオフライン行動と連動したデータ活用モデルを実現します。

Q. DMPを構築しても、セグメント・解析を都度行う運用ができません。

弊社エキスパートによるアドホックな運用支援、AIエンジン開発支援を実行いたします。モデルはプログラミングベースではないAzure ML デザイナーをベースとして開発することも可能なので、お客様のビジネスユーザー部門様でモデルのチューニングを行うことも可能です。
AIエンジンと連携した解析により自動化をはかれる部分もございます。目的に応じて連携範囲・方法を設計します。

DATUM STUDIOには様々な業種・業態の企業様の課題解決を行ってきたノウハウがあります

Contactお問い合わせサービスに関するご質問・ご相談はこちらから