楽屋

RでExcel(xlsxファイル)を読み込む

こんにちは。データ事業2部の友利です。

今回はRでxlsxファイルを読み込む方法を紹介します。

xlsxファイルはExcel2007から用いられていますが、xlsxファイルをRで読み込む場合には少々手を焼くのではないかと思い、今回の記事でまとめてみたいと思います。

なお、データの読み込みにはRの統合開発環境であるRStudioを使っていきます。

 

使用ファイル

下記(売上.xlsx)ファイルを読み込みます。

商品名売上
 A 1000
 2000
 1300
 2500
E 7400
F 10000
G 3000
H 3300
I 6600
J 2800

 

xlsxファイルの読み込み

csvファイルを読み込む場合は「read.csv(“ファイル名”)」とコードを入力するため、今回のようなxlsxファイルを読み込む場合には下記のように「read.xlsx(“ファイル名”)」というコードを入力しがちです。

しかし、上記コードを実行するとコンソールエリアに

Error in read.xlsx(“売上.xlsx”) : could not find function “read.xlsx”

というエラーが出てしまいます。

read.xlsxで検索してみましょう。
エクセルの読み込み方をまとめたウェブページ(https://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/stat/exceldata.html)が見つかります。
関数read.xlsx()を利用するためには、「openxlsx」というパッケージをインストールする必要があるようです。

以下のコードを入力し、インストールを進めます。

コンソールエリアに

package ‘openxlsx’ successfully unpacked and MD5 sums checked

と表示されればインストール成功です。

次に

とコードを書くことでxlsxファイルを読み込む準備ができます。

再度xlsxファイルを読み込むコードを入力しましょう。

先程のエラーが表示されなくなります。

では、本当にファイルを読み込むことができたかどうかを確認してみましょう。確認するには先頭行のみを確認できるhead関数がおすすめです。

とコードを書き、実行すると先頭から6行分のデータを確認できます。

これでRでxlsxファイルを読み込むことができました。

 

まとめ

以上、今回はデータを読み込むという初歩的な知識ですが、xlsxファイルはcsvファイルと読み込む方法が異なります。
Rでデータ分析を始める際にはこの段階で躓いてしまわないようご留意ください。