イベント

Interop Tokyo 2019に出展いたしました!

こんにちは、DATUM STUDIOのアキヤマです。
6月12日(水)~14日(金) 幕張メッセにて3日間開催されました「Interop Tokyo 2019」
DATUM STUDIOは、会場でのブース出展と基調講演を盛況のうち終えることが出来ました。

期間中、天候にも恵まれた事もあってか、昨年を上回る15万5千人のお客様が来場されました。
その影響もあってか、DATUMブースもおかげさまで、AI事例に興味のある方が説明を求め多数
いらっしゃいました。
特に今回は、熱心に質問される方が多く、AI・人工知能関係も昨年までのブームから、徐々に
各企業の業務としてに浸透して行っている様子が受けられました。

 

正面のカウンターに展示した、新しいツールである広告効果最適化ツール「D-Reg」の
デモンストレーションに注目が集まりました。また、インターネット・通信がメインの
イベントである為か「通信機器の故障予測」のパネルに関心のある方が多く見受けられました。

国際会議場コンベンションホールBで行われた、弊社取締役CAO 里 が登壇した基調講演
タイトル「今、企業はどうAIを使っているのか?~最新AI活用事例を紹介~」は、
定員が500人のところ満席で立見が出るほどお客様が入場され、こちらも盛況でありました。

 

インターネットテクノロジーがメインのイベントである「Interop Tokyo 2019」
今回は5Gなどの通信関係が目立っていましたが、AIやデータ分析に興味がある方も
DATUMブースに多く来場され、良い情報交換の場となりました。

是非とも、データお持ちで活用にお困りの方や、これからAIを導入をご検討されて
いる方は弊社HPの問合せフォームより、ご連絡ください。
それでは、またイベント会場でお会いしましょう!!

このページをシェアする: