楽屋

統計検定2級のために覚えるべき公式・定義

こんにちは。データ事業1部のマツザキです。

樹木の生態生理学の研究で学位を取ったあと、データ解析を活用したシロイヌナズナ、イネ、トマトの生理学の研究を経て、DATUM STUDIO に入りました。

統計検定2級に向けて覚えるべき確率分布・推定・検定に続き、2015-2017年の過去問の出題例をもとに、統計検定2級合格のために最低限覚えなければならない公式・定義をまとめてみました。

ベイズの定理

\[ P(B|A) = \frac{P(A|B)P(B)}{P(A)} \]

期待値に関する公式

\[ E(aX)=aE(X) \] \[ E(X + a)=E(X) + a \] \[ E(X+Y)=E(X) + E(Y) \] \[ XとYが独立なら、E(XY)=E(X)E(Y) \]

分散に関する公式

\[ V(aX)=a^2V(X) \] \[ V(X+a)=V(X) \] \[ XとYが無相間なら、V(X+Y)=V(X)+V(Y) \] \[ V(X)=E(X^2)-E(X)^2 \]

共分散に関する公式

\[ Cov(X,Y) = E(XY) – E(X)E(Y) \] \[ V(X+Y) = V(X) + V(Y) + 2Cov(X, Y) \]

相関係数の定義

\[ r_{xy} = \frac{Cov(X,Y)}{\sqrt{V(X)V(Y)}} \]

いかがでしょうか。学習の参考になれば幸いです。