セミナー

2016年9月29日 今さら聞けない、ソーシャルゲームにおけるデータ活用セミナー

分析や統計の知識はないが、データを活用して何ができるようになるのかを実例でお知りになりたい方にオススメ!

『データ活用できるのは知ってるけどまだ活用できていない』
『自社で分析を始めているが、クロス集計以上のことでなにができるか知りたい』

こういったことをお考えの方にオススメしたいセミナーです。

弊社は、ソーシャルゲームの企業様に、基盤構築から売上向上を目的とした分析・施策の提案を行ってきました。その事例のいくつかをご紹介することで、分析にどんなメリットがあり、またデータを取得してく際、どういったことに気を付ければよいのかということをご説明していきます。

詳しくはこちら

 

2016年2月9日-10日 【2日で分かる】Rではじめるビジネス統計分析基礎講座

※内容は、下記2015年11月9日-10日のものと同様になります。

詳しくはこちら

 

2015年11月9日-10日 【2日で分かる】Rではじめるビジネス統計分析基礎講座

利用頻度の高い「R操作」と「統計分析」を学び、業務で使う土台をつくる!

今までは、多くのビジネスシーンでは、EXCELを使用してデータを分析し、レポートを作成してきました。現在では、EXCELでは対応が難しい大量データの処理、複雑なデータの処理には、フリーソフト「R」が注目を集め、実際の業務で利用するために、利用・活用を検討する企業が増えており、先行して実際に一部の業務で利用する企業が徐々ですが出始めております。

特に、項目の多いデータを扱う業務の分析にかかわる方々にとって、以下のようなRを使うメリットがあります。
1:「簡単に高速に」データファイルの結合、その他複雑な処理ができる
2:エクセルではできない機械学習を用いた応用分析が可能になる
3:プログラムを記述することで、処理の再実行、他分析への展開が容易に行え、業務が効率化できる
多くはこの3つに集約されます。

本講座では、「Rの操作演習」、頻出する業務課題の解決に役立つ「利用頻度の高い統計知識」、「おぼえると便利な応用レベルの分析手法」までを取り扱います。

講座のタイトルのとおり、業務でこれからRを利用しなくてはならなくなった方や統計分析を行う担当者となった方など、R初心者はもちろん、分析初心者の方でも受講後すぐに業務で基礎的な分析は実践できるようなプログラムとなっております。

詳しくは、こちら

2015年9月29日 第3回Rではじめるビジネス統計分析講座[操作編]

Rの「基本操作」から「統計解析の活用」を1日で習得する!

EXCELでは処理が難しい大量グラフ作成、複雑なデータ処理に適したソフトウェア、フリーソフト「R」のが注目を集めています。実際の業務で利用するために、業務での活用を検討する企業が増え、先行する企業では、一部の業務で実際にRを利用する企業が出始めております。

本講座では、「R初級~中級の方」を対象に、前半は、「基礎的なデータ集計と大量グラフ作成」を学び、後半は、ECサイト、リサイクルショップを例に、実際にRコードを書きながら統計分析を行います。操作演習と想定ケースを元に、Rによるビジネスデータ分析の活かし方を一気通貫で体感できます。

 

詳しくは、こちら

2015年8月7日 第6回Rではじめるビジネス統計分析講座[基礎編]

利用頻度の高い「R操作」と「統計分析」を学び、業務で使う土台をつくる!

今までは、多くのビジネスシーンでは、EXCELを使用してデータを分析し、レポートを作成してきました。現在では、EXCELでは対応が難しい大量データの処理、複雑なデータの処理には、フリーソフト「R」が注目を集め、実際の業務で利用するために、利用・活用を検討する企業が増えており、先行して実際に一部の業務で利用する企業が徐々ですが出始めております。

特に、項目の多いデータを扱う業務の分析にかかわる方々にとって、以下のようなRを使うメリットがあります。
1:「簡単に高速に」データファイルの結合ができる
2:ピボットテーブルより「少し踏込んだ」クロス集計表が作成できる
3:大量にグラフをつくる状況で、効率化と自動化が可能になる
多くはこの3つに集約されます。

本講座では、「上記項目に絞ったRの操作演習」、頻出する業務課題の解決に役立つ「利用頻度の高い統計知識」、「おぼえると便利な応用レベルの分析手法」までを取り扱います。

つまり、本講座は、簡単なRの操作を演習で実際に体験でき、業務課題の解決に直結する「R」を使ったデータ分析手法を習得することをサポートする講座内容です。

詳しくは、こちら

2015年6月16日 第2回Rではじめるビジネス統計分析講座[操作編]

Rの「基本操作」からデータの「大量グラフ作成」までを1日で習得する!

現在では、EXCELでは対応が難しい大量データの処理、複雑なデータの処理には、フリーソフト「R」が注目を集め、実際の業務で利用するために、利用・活用を検討する企業が増えており、先行して実際に一部の業務で利用する企業が徐々ですが出始めております。

今回、ビズジェネワークショップで毎回満席の「R講座・基礎編」の受講後アンケートでご要望の多かったRの「基本操作」講座を新設します。

本講座では、「初めての方を対象に、R言語操作の“いろは”から」 「R言語による統計解析の演習」さらには「上記、実務でよく使う項目についてのRでの操作演習」までを取り扱います。

つまり、本講座は、R言語をはじめて使うかたを対象にRの操作を1から演習で習得し、業務のなかで自由に「R」を使えるようになることを目的とする講座内容です。

詳しくは、こちら

2014年11月21日 第1回Rではじめるビジネス統計分析講座[応用編]

Rによるビッグデータの活用方法を1日で学ぶ!


購買履歴や仕入履歴、来店履歴、営業履歴、WEB上でいうならアンケートや閲覧履歴など。さまざまなビジネス行動データを安価に残せるようになったことにより、これらのビジネスデータを上手に活用することに注目が集まっています。これまでマーケティングとよばれていたユーザのためのビジネス改善活動に対して、現在、より多くの量と種類をもつデータ処理が求められています。

これらデータをビジネス改善につなげる価値ある情報へ変換する人は、今データサイエンティストとよばれています。

これらの新しいデータ分析担当者には、1:サービスを改善するためにどのようなデータをみたらいいのか、2:どのようにデータを保存しておくと分析時間が短くなるのか、3:ノイジーなビジネスデータをうまく組合せ、どのように統計ツールを適用していくのか、というトータルな能力が必要になってきます。

本講座では、これらの能力向上にむけて応用しやすい実例を用いた「講義と演習」により、1日で応用スキル獲得のサポートをします。

 

前提条件


ビジネスデータの分析経験は問いませんが、Rの操作には抵抗が少ない人を前提とします。具体的には以下の操作を比較的スムーズにできる人を対象としてます。

・「ファイルの読込み(read.tableなど)」

・「データの結合(mergeなど)」

・「データの集計処理(plyrなど)」

受講対象者


自社に保存している大量のデータを活かしたいデータ分析ご担当者で、特に、マーケティング担当、サービス企画担当、ITエンジニアなど。

この講座を受講すると何が修得できるか


実習を通し、

・データサイエンスをビジネスで活用するためのPDCA運用方法がわかる

・データ分析の基本的な考え方とその実例がわかる

・データ分析の応用の方法とその効果の実例がわかる
詳細は、こちら

2014年10月07日 第2回Rではじめるビジネス統計分析講座[基礎編]

Rのインストールから統計分析・ビッグデータの分析手法までを1日で学ぶ!


購買履歴や仕入履歴、来店履歴、営業履歴、WEB上でいうならアンケートや閲覧履歴など。さまざまなビジネス行動データを安価に残せるようになったことにより、ビジネスデータを上手に活用すること注目が集まっています。

今までは多くの場合、EXCELを中心にデータを分析し、レポートを作成してきました。現在は、EXCELでは対応が難しい大量データの処理、複雑なデータの処理に有効なツールが「R」です。特に、マーケティングやサービス企画にかかわる方々にとって、以下のようなRを使うメリットがあります。
1:EXCELのLOOKUP関数より「簡単に高速に」データファイルの結合ができる
2:EXCELのピボットテーブルより「少し踏込んだ」クロス集計表が作成できる
3:EXCELで大量にグラフをつくる状況を、何枚でも自動でグラフが作成できる
多くはこの3つに集約されます。

本講座では、Rのインストールや操作から統計分析・ビッグデータ分析手法までを、「講義と演習」により1日でスキル獲得のサポートをします。

 

前提条件


特にありません。Rなどの操作方法は丁寧に教えます。

受講対象者


EXCELを越えたデータを分析したい マーケティング、サービス企画などの担当者

この講座を受講すると何が修得できるか


【座学部分】

・データサイエンスをビジネスで活用するためのPDCA運用方法がわかる

・データサイエンティストとはどんな人がどんなデータ処理をしているのかがわかる

・データ分析の基本的な考え方とその実例がわかる

・データ分析の応用の方法とその効果の実例がわかる
【実習部分】

・「簡単に高速に」データファイルの結合ができる

・「少し踏込んだ」クロス集計表が作成できる

・大量にグラフをつくる状況を、何枚でも自動でグラフが作成できる

・上記スキルの獲得によりデータ分析が効率化し、分析時間の削減が可能に
詳細は、こちら

2014年08月27日第1回Rではじめるビジネス統計分析講座[基礎編]

Rのインストールから統計分析・ビッグデータの分析手法までを1日で学ぶ!


 

購買履歴や仕入履歴、来店履歴、営業履歴、WEB上でいうならアンケートや閲覧履歴など。さまざまなビジネス行動データを安価に残せるようになったことにより、ビジネスデータを上手に活用すること注目が集まっています。

今までは多くの場合、EXCELを中心にデータを分析し、レポートを作成してきました。現在は、EXCELでは対応が難しい大量データの処理、複雑なデータの処理に有効なツールが「R」です。特に、マーケティングやサービス企画にかかわる方々にとって、以下のようなRを使うメリットがあります。
1:EXCELのLOOKUP関数より「簡単に高速に」データファイルの結合ができる
2:EXCELのピボットテーブルより「少し踏込んだ」クロス集計表が作成できる
3:EXCELで大量にグラフをつくる状況を、何枚でも自動でグラフが作成できる
多くはこの3つに集約されます。

本講座では、Rのインストールや操作から統計分析・ビッグデータ分析手法までを、「講義と演習」により1日でスキル獲得のサポートをします。

 

前提条件


特にありません。Rなどの操作方法は丁寧に教えます。

受講対象者


EXCELを越えたデータを分析したい マーケティング、サービス企画などの担当者

この講座を受講すると何が修得できるか


 

【座学部分】

・データサイエンスをビジネスで活用するためのPDCA運用方法がわかる

・データサイエンティストとはどんな人がどんなデータ処理をしているのかがわかる

・データ分析の基本的な考え方とその実例がわかる

・データ分析の応用の方法とその効果の実例がわかる
【実習部分】

・EXCELのLOOKUP関数より「簡単に高速に」データファイルの結合ができる

・EXCELのピボットテーブルをより「少し踏込んだ」クロス集計表が作成できる

・EXCELで大量にグラフをつくる状況を、何枚でも自動でグラフが作成できる

・上記スキルの獲得によりデータ分析が効率化し、分析時間の削減が可能に
詳細は、こちら