インターンシップ生インタビュー(お茶の水女子大学 大学院 修士1年、窪谷さん)

少し前の出来事になってしまいますが、2015年8月に、DATUM STUDIOに初めてのインターンシップ生、窪谷さんがいらっしゃいました。

ビジネスデータ分析をどう行うのか、の研修、プログラミング研修、を受け、実際にデータ活用コンサルティングの現場に参加、など幅広く取り組まれた窪谷さん。

インターン最終日に、活動内容やDATUM STUDIOについての印象など、お聞きしてみました。

 

インタビュー_sato_2「一ヶ月のインターン、お疲れさまでした。いかがでしたか?」

 

インタビュー_kubonoya「あっという間でした!」

 

 

 

インタビュー_sato_2「主にどういうご活動をされていましたか?」

 

インタビュー_kubonoya「Rを使ってプログラミングを行い、クライアント様からいただいたデータを整えたり、グラフを作ったりしました。」

 


インタビュー_sato_2「元々、データ分析には興味があったのですか?」

 

インタビュー_kubonoya「はい、ありました。将来仕事をする時に、数学の知識を使えるようなことができたらいいなぁと考えていました。」

 

 

インタビュー_sato_2「実際にインターンをしてみて、難しいなぁと思ったことはありましたか?」

 

インタビュー_kubonoya「そうですね、実際にデータをいただいて、それを分析しやすい形に加工するのが、一番複雑で、大変でした(笑)」

 

インタビュー_sato_2「いわゆる前処理ですね。大変ですよね、お疲れさまでした。」

 

インタビュー_kubonoya「ありがとうございます。加工後のデータの取り扱いには、慣れることができたのでよかったです。」

 

 

インタビュー_sato_2「DATUM STUDIOという会社はどうでしたか?」

 

インタビュー_kubonoya「すごく雰囲気が良くて、社長さんと社員さんの距離が近いなぁと思いました。きれいで過ごしやすかったです。」

 

 

インタビュー_sato_2「ここが良くなかった!ってところはありましたか?」

 

インタビュー_kubonoya「オフィスが寒かったです・・・」

 

(社員一同「申し訳ございませんでした」)

 

インタビュー_sato_2「一問一答でいろいろお聞きします。一番DATUMで驚いたことはなんですか?」

 

インタビュー_kubonoya「服装がラフなところです。クロックス率が高い!」

 

 

インタビュー_sato_2「一番楽しかったことはなんですか?」

 

インタビュー_kubonoya「社員さんとのおしゃべりです。普段は真面目だけど、酔うと別人になる方のお話とか!」

 

 

インタビュー_sato_2「インターン中、一番美味しかった食べ物はなんでしたか?」

 

インタビュー_kubonoyaここのパスタと食べ放題のサラダです。」

 

 

インタビュー_sato_2「ぜひ、最後に、DATUMのインターンのPRをお願いします!」

 

インタビュー_kubonoya「Rをやったことなくても、ビジネスにおけるデータ分析とは?という部分から丁寧に、教えていただけるのでわかりやすかったです!オススメです!」

 

窪谷さん、ありがとうございました!

インタビュー_kunoboya_sq

なお、DATUM STUDIOでは、引き続きインターン生を募集しております。

この記事を見て、「インターンをやってみたい!」という方は以下のサイトからお申し込みをお願いいたします。

※掲載期間外の場合は、お問い合わせからお願いします。

 

キャリアバイト

wantedly(ITエンジニア)

wantedly(データ整形アシスタント)

wantedly(データエンジニア)