あなた好みの女性のタイプ、データマイニングで診断します

女の子「A君の好きな女の子のタイプは??」

A君「うーん・・・そうだなぁ・・・うーん・・・」

日常でよく遭遇するこのようなシーン。

うまく切り返し、出会いにつなげたいところですが、好みのタイプを表現するのはなかなかに難しいですよね。

 

そんな皆様の悩みを解決するために

【データマイニングを用いた診断ツール】

作成いたしました!!

己の好みを客観的、かつ定量的に把握できます。※もちろん利用は無料です。

 

shindan01_header

 

>>>さっそく診断する!<<<

 

使い方は非常に簡単です。

  1.  画像とプロフィールを見て、好みのタイプだったら「Good」ボタンを、
    そうでなければ「Bad」ボタンを押して下さい。

      • 当診断は「年齢」「身長」「体重」「スリーサイズ」のデータを使っての診断です。
      • なので、顔だけでなく、身体的特徴を総合的に加味し、判定をお願いいたします。

     

  2. 20人以上のデータが貯まると「診断する」ボタンが出てきます。
      • 最大50人まで判定することができます。データが多ければ多いほど、診断の精度が上がります。

     

  3. 「診断する」ボタンを押すと、診断結果が出てきます。

>>>使い方も分かったし、診断する!<<<

output

上記は恥ずかしながら、筆者の診断結果です。ワガママボディ、大好きです・・・

当診断ツールは「決定木」というデータマイニング手法を使っており、「診断結果」の下に決定木の結果「グラフ」を出しております。

赤字で説明を加えておりますが、筆者の場合は

  • ウエストが細い
  • バストが大きい

という条件でデータを抽出すると、goodの割合が最も多い集団(つまり最も好きな女性の集団)が現れた、という結果がグラフで表現されております。

これで、突然好みを聞かれても、具体的、かつ分かりやすい回答ができるようになりました!(筆者談)

 

ちょうど、筆者が所属するDATUM STUDIO株式会社の副社長・里洋平氏が近くにいたので、この診断をやってもらいました。

sato

里氏「あーかわいいなぁ、この子もかわいいなぁ(ポチポチ)」

さて、結果を見てみると・・・

pc

「「「「女性が好きなようです」」」」

なんと、彼はすべての女の子に「good」をつけてしまったみたいです。

「good」と「bad」が大体半分半分くらいになるように回答しないと、正しく結果が表示されないのでご注意ください。

里氏のケースは、ある意味、正しい診断結果とはいえるのですが。

 

(ここからは宣伝です)

弊社では、このようなデータマイニングを用いたカスタムダッシュボード制作サービスを行っております。

当診断ツールも、実は、統計解析向けのプログラミング言語として有名な「R言語」のWEBアプリケーションフレームワーク「Shiny」(シャイニー)を活用して制作しております。

このフレームワークをビジネスで活用することで、

必要なデータ分析を必要に応じて追加できる

オリジナルのダッシュボード

が制作可能になります。

(↓サンプルです)

das_sample

「既存のダッシュボードサービスは機能がたくさんあるけど多すぎてよくわからない・・・」

「集計機能だけでなく、もう一歩踏み込んで分析ができるダッシュボードがあればなぁ」

そういったお悩みをお持ちのご担当者様、ぜひご連絡いただけますと幸いです。

お問い合わせはこちらから

最後までご覧いただきありがとうございました。
もしよろしければ、この記事のシェアをお願いいたします!