広告効果最適化ツール D-Reg

あらゆる媒体の広告予算を最適に配分します

広告効果最適化

D-Regは高精度かつ迅速に広告効果を予測します

DATUM STUDIOが保有する独自のアルゴリズムを活用することで、過去の広告出稿実績よりコンバージョン数を予測し、効果的な予算アロケーション施策をご支援するツールです。 効果測定が行いやすいオンライン広告だけでなく、成果を把握しづらいテレビCMや雑誌広告、交通広告・屋外広告などオフライン広告を含めた広告予算全体に対する成果を分析することで、潜在的なニーズまで把握が可能となります。 プロモーションだけでなく、カレンダー効果や季節要因・店頭施策における要因も分解できるので、あらゆるマーケティング活動をシミュレーションすることが実現致します。

プロモーション戦略における企業が抱える課題

経験則による広告予算配分が招く投資効率の悪化

広告効果を把握できておらず、担当者の経験則に基づく予算配分では、無駄な広告費が発生したり、投資効率の悪いプロモーションが展開されてしまいます。 広告効果のデータを分析することで、属人的な広告予算配分から、より投資効率のよい広告予算のアロケーションが行えます。

複数媒体の広告効果が把握できない

最適な広告予算のアロケーションを行うためには、オンラインだけでなくオフラインも含めたマーケティング施策の効果を把握することが必要となります。テレビや紙媒体への広告出稿、交通広告といったオフラインの施策の効果が、デジタルの施策にどのような影響を及ぼしているかを分析・可視化することで、最適な予算配分に基づくコミュニケーションが可能となります。

効果測定に時間がかかり、スピーディーにアロケーションできない

広告効果測定に時間を要してしまうと、アロケーションがスピーディーに行えません。 広告効果を速やかに把握し、分析結果を可視化できる環境を構築することで、迅速な広告予算配分により機会損出を回避することができます。

広告媒体別の効果分析からKPI予測モデルを構築

sample

独自のAIアルゴリズムによる
高精度な分析

通常のマーケティング効果を分析する際には重回帰分析を用いるケースが一般的です。しかし、参照するデータによっては、多重共線性(マルチコ)により数式上で打ち消しあってしまうケースがあります。 この事態を回避するため、D-Regでは多重共線性が発生しない独自のアルゴリズムを活用しています。

sample

簡単操作でスピード分析

規定のファイルをD-Reg画面上でインポートいただくだけで、広告効果の分析結果を表示致します。
どなたでも簡単に操作でき、すぐに広告効果を把握いただくことが可能です。

100名を越すデータサイエンティストが所属
業種・業界を問わず多数の実績

DATUM STUDIOには100名以上のデータサイエンティストが所属しており、AIを活用し業種・業界を問わず多数の企業の経営課題を解決した実績がございます。お客様のビジネスゴール達成に向け、課題抽出から最適なデータ活用のプランニング、概念実証(PoC)、インフラ構築、AIモデル構築、継続的インテグレーション(CI)、継続的デリバリー(CD)、継続的トレーニング(CT)までご要望に応じて柔軟に対応致します。

100名を越すデータサイエンティストが所属業種・業界を問わず多数の実績